【初心者ライター向け】読みやすいライティング術〜問いかけ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ライティング,ライター,記事作成,初心者

 

こんにちは、ライターのこちゆうです。

お仕事で他のライター様の記事チェックなどをしているのですが、長く続けているうちに、読みにくい記事には共通点があることに気づきました。

 

そこで、自分のティーチング力の向上を兼ねて、ライティング初心者様から2年目くらいの方向けに、読みやすいライティング術をシリーズでご紹介します。

 

といっても、「いや、私大丈夫だし」「俺のライティング、完璧じゃないけどいい線いってるし」という人も多いと思います。

そこで、まずは自分のライティングにギモンを持っていただくことから始めようかなと思います。

 

まず、皆様にお伺いします。

「クライアントから差し戻しがなければ、自分のライティングは問題なし」と思っていませんか。

 

その認識、意外と間違ってます。

 

クライアントからの戻しなしはOKではない

だって、ちょっと文章が変だったり、ちょっと誤字脱字があるくらいなら、依頼主の方で編集したほうが早いですから。

 

クライアント様によっては、しっかりフィードバックしてくださる方もいらっしゃいますが、私の経験上、WEBライティング案件において、フィードバックをくださる方は2割位。

しかもそのほとんどが、誤字脱字やレギュレーション違反など、最低限のフィードバックしかしてくれません。

 

だって言うの面倒じゃないですか。自分で直したほうが早いじゃないですか。

 

そうやってフィードバックのないまま仕事を続けていくと、結局高い単価の仕事ができなかったり、ステップアップできなかったりして、毎回同じことを繰り返して、そして「ライターっておもんないなー」という感じで仕事が終わってしまいます。

 

副業だから楽しく仕事したい

「副業だからいいよ。OKもらえるなら質とかどうでもいいよ」という人もいるかもしれません。

でも、自分がせっかく時間かけて作った記事が、もし8割がた修正されて掲載されていたら、なんかイヤじゃないですか?

クライアントから密かに「こいつ使えねーなー、もう仕事ふらね」と思わてたら、なんかイラッとしませんか?

 

私はイヤです。

私は本業としてこの仕事をしていますが、せっかく副業するなら、楽しい方がいいですし、評価されたい。私ならそう思います。

本業プラス副業でストレスをためるのではなくて、本業のストレスを副業で解消できたら、お金も貯まって最高だと思います。

 

なにより、読む人のワクワクが増えます。読み手のワクワクが増えれば、ライティングはもっと面白くなる気がするんです。

 

長くなりましたが、私がこのシリーズを書こうと思ったきっかけはこんな感じです。

このシリーズでは、冒頭のギモンに対して、胸をはってイエスと答えた方にとっても、悩みながらノーと答えた方にとっても、読んでよかったと思える内容を書いていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ターゲットは初心者からライティング歴2年程度のライター様です。ベテランライター様からすれば、「そんなの当たり前やろ」と言われそうな内容かもしれませんが、あくまでも初心者ライター様向けの内容ですので、ご了承いただけますと幸いです。

 

次回は記事作成編をお届けします。

 

▼気まぐれに呟くツイッターとFBやってます▼
※下記まな板クリックするとたまにつぶやく当サイトSNSに飛びます。

Twitter     Facebook

▼ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いします▼

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*