北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

こんにちは、こちゆうです。

現在北海道の釧路市に住んでいるのですが、実は越してきたのは2014年11月のこと。実はまだまだ北海道初心者です。

ですが、この数カ月で色々な場所をまわり、北海道って本州の方の想像以上に広くて、CMや観光本では伝わらない魅力をたくさん持つ地域だな〜と実感しました。

 

ということでこのサイトでは、北海道初心者の私が、写真をふんだんにアップしながら、北海道の魅力をたくさん発信していきます!

本州の方が北海道観光する際の手助けになれば幸いです。

 

第一弾は、身近な釧路ではなく、日本最北端の地・稚内(わっかない)と流氷の街として知られる紋別(もんべつ)をご紹介します。

釧路は色々ありすぎるので、ちょこちょこ小出しにしていきます。

 

今回の旅の日程は、釧路から車で一気に稚内 → 紋別 →ちょっと北見 → 釧路。ということで、まずは稚内についてご紹介します。

 

稚内ってどこ?どんなとこ?

突然ですが、稚内ってどこにあるか、皆さんご存じですか?おそらく「名前だけは知ってる」「聞いたことはある」と言う人が多いのでは…。

恥ずかしながら、私もそうでした。

稚内の場所はこちら

わっかんねーよ、という声が聞こえそうですが、ぐーっと引いてみましょう。

東京よりロシアのほうが近いですね。

そんなこともあり、年の平均気温はこんなかんじです。

北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

夏でも20度いかない!

私も1月と7月に行きましたが、どちらもとにかく寒かったです…

夏は日が当たるといい感じですが、はまかぜがきついと寒いですね。

なので、稚内にいくなら長袖を持っていかれることをおすすめします。

おすすめ観光地

稚内の観光地といえば、宗谷岬やノシャップ岬など、とにかく岬が有名。

ちなみに納沙布岬(のさっぷみさき)とノシャップ岬は別物で、納沙布岬は北海道根室市にある、日本最東端の場所です。こちらはまたおいおい…。

宗谷岬とノシャップ岬は、結構離れています。距離にすると40kmくらいあるので、どちらも行きたいなら、余裕を持った旅行プランをおすすめします。

北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

 

宗谷岬ってなに?

北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

宗谷岬には「日本最北端の地の碑」と、日本地図の作成に貢献したとされる測量家・間宮林蔵の像が建てられています。間宮林蔵は、宗谷岬から目と鼻の先にあるサハリン(樺太)を島と認定した人物としても知られています。

宗谷岬からドライブできる範囲には、北海道遺産にもなっている宗谷丘陵の周氷河地形や、美しい緑の中に立つ数多くの風力発電を見ることができる宗谷岬ウィンドファームなど、宗谷岬周辺は、どちらかと言うと自然を楽しむ旅を楽しめる場所だと言えます。

写真は夜の宗谷岬ですが、夜になるとライトアップがめっちゃ綺麗です!昼とはまた違った雰囲気で、私は好きです。

今回は、あまり宗谷岬方面は回らなかったので、さらっと触ります。

ノシャップ岬ってなに?

北海道レポート 稚内・紋別編 その1 | 稚内 〜宗谷岬・ノシャップ岬 〜

一方のノシャップ岬は、カワイイイルカのモニュメントがある場所で、稚内市から車で10分位でいける観光地です。すぐ近くには稚内市ノシャップ寒流水族館があり、びっくりするくらいたくさんのゴマフアザラシがいます。

幻の魚と言われる、イトウが展示されていることでも有名ですが、私はゴマフアザラシのかわいさに感動しました。

稚内市には他にも、ヨーロピアンな建造物・稚内港北防波堤ドームや、サハリンの歴史を素晴らしい風景とともに感じる事ができる稚内公園などがあり、どちらかと言うと、歴史を感じたい方や、あんまり街から離れたくない方におすすめかもしれません。

次回は宗谷岬とノシャップ岬の観光地について、もう少し詳しくご紹介します。

お読みいただき、ありがとうございます!

▼ブログ更新よりもつぶやくこともあります▼

Twitter   Facebook

▼ランキング参加中。クリック応援よろしくお願いします▼

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*